>

古紙回収を依頼するときに気を付けるべき部分とは

必要ではなくなった紙

まず一番に上がるのは、少し前までは必要な紙だったけど、今の時点ではもう必要のないただの紙だというものです。
わかりやすく言うと、もう必要ではない紙類のことです。

例えを挙げると、大きな会議用に使用するプレゼン用の書類があります。
その書類はその会議が始まる前や会議の当日はとても重要なものになります。
だってそれがないと会議が始まらないわけですから。

ですがもう、その会議が終わると書類は用無しになってしまいます。
必要ではなくなった紙類とはそういった紙類のことを指すのです。

それ以外だと、期限や期日が過ぎてしまったチラシやクーポン券もその仲間になりますね。
期限が過ぎたその時点でもうその紙に価値はありませんので。

自分にとって不要な紙

もう一つ挙げられるのは、受け取った時点でその紙類は自分には不要だと感じる紙類ですね。
どちらかというと、こちらのパターンの方が皆さんには身近かもしれませんね。

具体的な内容をお書きしますと、自宅のポストに入れられていた自分には用のないもしくは興味のない内容のチラシや、常に送られてくるダイレクトメールがそれにあたります。

前出のページで記した紙類との違いは、前者は少なくともある時期までは重要なものであり価値も存在していました。
ですが、これらはもう手にした時点でゴミ箱行きが決まっています。
自分で必要ないとすでに判断していますので。
むしろこちらの紙類の方が、処分に困っているなんて方が多いのではないかと思います。


この記事をシェアする